個人輸入

アメリカで開発された育毛剤

今薄毛に悩む男性がとても増えてきています。
その薄毛対策に一番最初に使用されるのが、育毛剤です。
お風呂上りに地肌に直接塗ることで効果が期待できます。

日本で育毛剤といわれると誰もが最初に思い浮かべるのがリアップではないでしょうか。
テレビCMなどでもよく見かける商品なため、多くの人に認知されています。
また薬局などに行くと、商品が販売されているため、実際よく見ることができます。
ただしリアップは、第一類医薬品として認定されています。
そのため、薬剤師がいなければ購入することができない商品です。

薬剤師による商品説明を受けなければいけないため、購入者にとってそれが精神的な負担になっている場合があります。
リアップは育毛剤としての認知度が高いため、購入する際に周りの人の目が気になって堂々と買えないという人も多いです。
なので最近ではネットなどで、購入できる商品がとても増えてきています。
種類も豊富で多くの商品から選ぶことができるというメリットがあります。

そんな中で育毛剤を購入する方法の一つとして、海外で発売されている商品を個人輸入するという方法も増えてきています。
個人輸入でも直接ネットで購入する場合や、代行業者を通じて購入する場合があります。

そんな海外の育毛剤の中でもアメリカで開発されてたものがとても多いです。
なぜならアメリカでもっともはやく育毛剤の開発に取り組まれたからです。

たとえば、アメリカのPfizer社がミノキシジルが配合されているロゲインという塗るタイプの育毛剤を開発しました。
最もメジャーな商品として長年使用されている商品です。
長く使用されている商品だからこそ、多くのデーターが得られて効果も期待できるといえます。

また、もう一つ発毛効果が期待できるプロペシアが配合されているリバイボゲンという商品があります。
この商品は世界47カ国で使用されている育毛剤です。
すでに3億本以上販売していて、実績などでは圧倒的に多いといえます。
そのほかの成分も天然素材だけを使用しているため、頭皮にやさしい育毛剤となっています。

▼育毛剤の種類や頭皮マッサージ法はこちら


また、薄毛や抜け毛対策に育毛シャンプーを使い始めてみてはいかがですか?

最近では若いうちから育毛シャンプーで予防する人が増えています。

Copyright(C) 2013 大事な髪の為に必要な事 All Rights Reserved.