個人輸入

育毛剤でAGA対策をする

今多くの男性を悩ましているものの一つに、薄毛があります。
薄毛は老化現象や遺伝だともっている人も多いでしょう。
しかし今では誰もが薄毛になってもおかしくない時代になっています。
それは薄毛は、毎日の生活環境に大きく関わっているからです。

たとえば食生活や不規則な生活は体のホルモンバランスを崩してしまいます。
油っぽい食事ばかり食べていると、脂肪分を消化しきれず余分な脂肪が体の毛穴から排出されます。
その皮脂はもちろん頭皮の毛穴にも影響があります。
頭皮が脂っぽくなってしまう人は、食生活の見直しや肥満体形を見直した方がいいでしょう。

またストレスや睡眠不足も体への影響はとても大きいです。
薄毛というとどちらかというと男性の方がとても多いことが分かります。

様々な要因がある中で男性の薄毛の原因として一番多いのは、AGAだといわれています。
AGAとは男性型脱毛症のことを指します。
男性ホルモンの変化によって薄毛になってしまうため、男性に多く発症します。
もちろん女性にも少なからず男性ホルモンが存在しています。
なので女性でも男性型脱毛症になる人もいます。

男性ホルモンには男性らしい筋力やひげなどの毛を生やすテストステロンという成分が含まれています。
このホルモンに5αリアクターぜという酵素が結びつくことでジヒドロテストステロンという成分へと変化してしまいます。
このジヒドロテストステロンが増えてしまうと、髪の毛の成長を遅らせてしまったり、途中で抜けてしまって脱毛へとつながってしまいます。

AGAは5αリダクターゼをいかに抑えるかで、症状を抑えることができます。
この5αリダクターゼは、育毛剤に含まれるミノキシジルやプロペシアがとても効果的に抑制してくれます。
この成分に関しては臨床実験で、発毛の効果が確認できている成分です。
なのでAGAの予防だけでなく、発毛の効果も同時に期待することができます。

AGA対策だけであれば、ノコギリヤシ、オウゴンエキス、亜鉛などが5αリダクターゼを抑制する働きがあります。
なので育毛剤を選ぶ際にはこのような成分が多く含まれているものを選ぶようにしましょう。

Copyright(C) 2013 大事な髪の為に必要な事 All Rights Reserved.