個人輸入

男性ホルモンを抑制する育毛剤

薄毛になってしまうのには、とても重要な理由があります。
それは、男性ホルモンのバランスです。
男性ホルモンは男性だけでなく、女性も男性ホルモンを持っています。
なのでどちらも薄毛になってしまう可能性があります。
さらに男性の方が薄毛になりやすいのは、女性より男性ホルモンがたくさん持っているため、バランスの影響を受けやすいからといえます。

それでなぜ薄毛と男性ホルモンが関係するのでしょうか。
それは男性ホルモンの一部にテストステロンという成分があり、男性らしい筋肉や体毛を作りあげる働きをしています。
しかしそのテストステロンが5αリアクターゼと結合することで、ジヒドロテストステロンとう男性ホルモンを作り上げてしまいます。
このジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長を遅らせたり、抜けやすい髪質へと変えてしまいます。
なのでこのジヒドロテストステロンという男性ホルモンを抑制する働きを持つ育毛剤を購入しなくてはいけません。

その他にもhttp://www.bigsquid.org/にかいてあるのですが、
日本人には日本人特有の薄毛の原因があるそうです。

このジヒドロテストステロンという脱毛男性ホルモンを、撃退する能力がある成分はいくつかあります。
まず最近注目されているのが、ノコギリヤシです。
前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、ここ最近になって脱毛症にも効果があるということが分かっています。
天然の植物から採取しているため、副作用が少ないというのも特徴です。

そのほかには亜鉛もジヒドロテストステロンを発生させないように抑制する効果が期待できます。
食事では摂取しにくい成分だといえ割れているため、育毛剤や錠剤タイプの育毛剤などでしっかり体内で吸収される方がいいでしょう。

このような脱毛に関する男性ホルモンを抑制することができれば、薄毛が進行していくという可能性は低くなります。
さらに薄毛を食い止めている間に、髪のサイクルも通常に戻すこともできます。
髪のサイクルが戻ることで、新しい髪の毛が生えてくる可能性も高まります。
そしていま生えている髪にも栄養素がしっかり送られるため、太くて丈夫な髪の毛へと変わってくるといえます。

男性のみなさん必見です!!
こちらに男性用育毛剤ランキングがあります。
ランキングサイトはとても参考になりますので是非ご覧ください。

女性のみなさんにも同じく女性用育毛剤のランキングサイトがありましたのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 大事な髪の為に必要な事 All Rights Reserved.