個人輸入

外用育毛剤ミノキシジルの歴史

今多くの男性が抱える深刻な悩みの一つに、薄毛があげられます。
もちろん男性だけでなく女性の中にも薄毛で悩む人もいます。
しかし圧倒的に男性の方が薄毛に悩んでいる人が多いといえます。

それは男性型脱毛症が抜け毛の原因となっている場合が多いからです。
そんな薄毛に悩まされている人が、一番最初に選ぶ方法として育毛剤を購入する人はとても多いです。

育毛剤にはいろんな種類があります
中でも日本では圧倒的に支持され、認知されているのがリアップです。
なぜならリアップに含まれるミノキシジルという成分が育毛には とても効果的だということが分かっています。
ミノキシジルにこのような特徴があるということが分かったのは、どのような背景があったのでしょうか。

ミノキシジルが育毛剤として開発されたきっかけは、意外なものでした。
ミノキシジルは、1960年代に高血圧患者用の血管拡張剤として作られました。
血管の拡張がされることで血圧を下げることができ、多くの高血圧患者に使用されてきました。
開発したのは、ファイザー製薬で、臨床実験をしている際に副作用として多毛症が発見されました。
この多毛症を薄毛の治療薬に生かせるのではと開発が進みました。

そして始めて作られたのが、ミノキシジルを2%含んだロゲインという商品を開発しました。
その後、配合量が増えたリアップX5が発売され、5%のミノキシジルを含んだ育毛剤が発売されています。
ただしミノキシジルによる副作用が懸念され、民間薬ではこれ以上のミノキシジルを含んだ育毛剤は発売されていません。

副作用として一番多いのが頭皮のかゆみです。
使用した人の中の約一割の人が症状として訴えています。
頭皮がかゆくなるのには、頭皮の血管の拡張が原因といえます。

頭皮の血管が広がると多くの血液が流れやすくなります。
すると頭皮の血流が良くなることで、頭皮があつくなりかゆみが生まれます。
それがひどくなると湿疹などを発生させてしまう場合があります。

そのほかにも眠気、頭痛、むくみ、イライラが募るなどといった副作用を感じる人が多いです。
副作用は人によって症状に大きな違いがあるため、第一類医薬品に定められています。
なので薬剤師がいない薬局では購入ができません。
正しい知識のもと使用しなくてはいけない育毛剤だということが分かります。

Copyright(C) 2013 大事な髪の為に必要な事 All Rights Reserved.