個人輸入

飲む育毛剤プロペシアの歴史

今若い人から高齢の人まで薄毛に悩む人がとても増えてきています。
男女ともに薄毛に悩む人が増えてきており、症状も人によって異なります。
女性と男性でも薄毛になる背景が異なります。
特に男性の場合に多い薄毛の症状として、男性型脱毛症です。
男性に多く含まれる男性ホルモンが、脱毛促進してしまうジヒドロテストステロンという成分に代わってしまうのが男性型脱毛症です。
男性の薄毛で悩む人のほとんどがこのホルモン変化によるものといわれています。

育毛に悩んでいる人たちがまず最初に治療法として選ぶのが、育毛剤です。
育毛剤というと、直接頭皮に刺激を与えながらつけていくというイメージの人が多いでしょう。
しかし今育毛剤というと、飲むタイプの育毛剤もとても効果があると注目されています。

飲む育毛剤として一番最初に注目されたのは、プロペシアという成分が含まれたものです。
そのプロペシアは、いつから飲む育毛剤として認識されるようになったのでしょうか。

プロペシアという成分は、元々前立腺肥大の治療薬として開発されました。
その治療薬を開発するにあたって、多くの臨床実験を繰り返していました。
そこで投薬した患者の副作用としてあらわれたのが、髪の毛が生えてくるという症状でした。

この副作用を発毛という観点で新たな新薬として開発できないだろうかという発想が生まれました。
そして始めてプロペシアが育毛効果のある錠剤として認定されることになりました。
それが1997年のアメリカで、食品医薬局によって認定されて発売されることになりました。

この効果は世界中でも大きな話題となり、いろんな国で薬として認められるようになりました。
プロペシアは脱毛を抑制するだけでなく、発毛にもとても効果的です。
両方に効果が期待できるため、より早い段階で発毛を実感することが可能です。

2005年には日本でも厚生労働省の許可が下りて、飲む育毛時としてプロペシアが浸透していきました。
しかし日本であまり認知されていないのには、大きな理由があります。
それは医師による処方箋がなければ、取得できない薬だからです。
身近な薬局など販売されているわけではありません。
薬としてもまた10年未満なため、認知度がどうしても低くなってしまっています。

ただし薬の効果としては、プロペシアを3年間飲み続けていた人の約8割は育毛効果を実感しているというデーターがあります。
とても効果が高い育毛剤だといえます。

Copyright(C) 2013 大事な髪の為に必要な事 All Rights Reserved.