個人輸入

タイプ別育毛剤の種類


薄毛の原因が人それぞれ異なります。
病院などで薬をもらう際に咳やくしゃみなど症状は同じのように見えるかもしれません。
しかしその症状がおきた原因が異なれば、処方される薬も異なります。
それは薄毛に関しても、同じことがいえます。

薄毛の原因は大きく分けて4タイプに分かれます。
まず一つ目は、男性ホルモンを抑制するタイプのものです。
このタイプは男性の薄毛の原因の中で最も多いといわれています。

脱毛の原因となるジヒドロテストステロンという成分をつくり出してしまうことで、脱毛や髪の成長が遅くなるといった症状が出てしまいます。
このジヒドロテストステロンは5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンと結合して発生してしまいます。
そのため、5αリダクターゼを抑制することで脱毛の原因を食い止めることができます。

そして正常な発毛サイクルに戻すことで、育毛が促進されます。
この成分が含まれているものでプロペシア、フィンペシアなどが代表的な成分として有名です。
これらの成分は同時に発毛の効果も期待できるため、AGAにはとても効果が期待できます。

二つ目は、頭皮の血行を促すタイプです。
多くの育毛剤がこのタイプの育毛剤が多いです。
頭皮の血管を拡張させる効果があります、
拡張された血管には、多くの血液が送り込まれます。
そうすることで育毛に必要な栄養素を送り込むことができます。

このような働きがあるのは、ミノキシジルという成分が含まれた育毛剤が多いです。
この成分が含まれている商品として有名なのがリアップやロゲインといった育毛剤です。

三つ目は、栄養補給を目的とした育毛剤です。
ビタミンA、B2、B6などのビタミン類を栄養素として送り込んで補給していきます。
このような栄養素が直接毛母細胞に働きかけてくれます。
そのほかにも亜鉛も同じ効果が期待できます。
自分の髪の毛が細くなってきたと感じる人にお勧めです。
十分ない要素を送り込んであげることで、髪一本一本が太くコシのある髪の毛になります。

最後に皮脂の抑制です。
過剰な皮脂の分泌によって毛穴が皮脂で詰まってしまい、頭皮がべたついてしまう人が増えています。
頭皮がかゆくかんじたり、フケなどの症状で悩んでいる人にお勧めです。
育毛剤もありますが、どちらかといえば育毛シャンプーのほうがより効果的に改善できる場合が多いです。
育毛シャンプーに含まれている成分と得られる効果はこちらに詳しくかいてありますのでご覧ください。


このように薄毛のタイプが異なれば選ぶ育毛剤も変わってきます。
なのでまずは自分の頭皮の薄毛の原因をしっかり知ることが大事です。

今はまだ大丈夫!という方もいずれ薄毛になる可能性はあります。
なので今のうちから予防しておくことが理想です。
薄毛予防には育毛シャンプーがおすすめです。
育毛シャンプーの成分や利用目的はこちらにかかれていますのでご覧になってみてください。



また、こちらには育毛に効果的な食事内容が紹介されています。
普段の食生活に気をつけることも育毛をする上では大切になります。

Copyright(C) 2013 大事な髪の為に必要な事 All Rights Reserved.